医院ブログclinic

2018.02.08更新

『矯正治療中って、痛みはありますか?』これは患者様から良く聞かれます質問の一つです。

 

私は、『あります』とお答えさせて頂いております。
何故なら、私自身大学生の頃に行った矯正治療では痛みを感じました。

 

しかし、痛みに対する感受性は個人差もあるので、違和感を感じる程度の人もいれば、全く何も感じない人もいたり、人によっては、数日間スープや豆腐など柔らかい物しか食べられなかったりと、様々だと感じております。

いたみ

痛みが生じるのは、歯と骨の間にある歯周組織が、歯が動くことによって圧迫されて炎症を起こし痛みが生じるためです。この時に感じる痛みは、歯並びが良い方向に動いている証拠です。
しかし過大な力を歯に加えると、必ず痛みが生じます。

そのため当院では、痛みが出づらくなるように、矯正で加わる力は、なるべく優しい力を歯に加えることを心掛けております。

 

 


 

また、ワイヤー矯正やマウスピース矯正(インビザライン)など装置の種類によっても痛みは異なります。

 

ワイヤー矯正の痛み

〇歯が動く痛み
装置を歯に着けた際や、ワイヤーを交換した際に生じる痛みの事です。
痛みは、食事中に生じ、何もしないと痛みがないことがほとんどです。歯が浮いたような痛みとして感じ、痛みは平均3日ほどで消失します。

痛みがあるのは正常な反応なのですが、苦手な方には痛み止めを処方しております。

〇口内炎
また、ワイヤー矯正の痛みとしては、装置が粘膜に引っかかることで口内炎ができ、できた口内炎に装置があたると痛みが生じます。

その場合は、装置と傷口が当たらなくするカバー材を装着すると、痛みを防ぐことができます。

 

マウスピース矯正の痛み(インビザライン)
〇歯が動く痛み
インビザラインは7日から10日に一度新しい装置に交換して頂きます。
交換のたびに歯が締め付けられて力のかかるワイヤー矯正と比較して、ひとつのマウスピースで歯を動かす量が少ないインビザラインは、そのような痛みを感じるのは非常に少ないです。
また、装置の形状から装置の違和感や、口内炎になる度合いは圧倒的にインビザラインの方が少ないです。

いんびざ

 

矯正装置の種類は、患者様の症状によって適応できるかが変わるため、気になっている患者様は一度矯正相談にお越しください。
矯正治療自体を、痛みが心配ということで避けてしまいそうですが、あと一歩進むことで、あの時の判断が良かったと思っていただけます。

 


 

当院では、矯正相談の費用は頂いておりませんので、ご気軽にお越しください。


 

いつでもご連絡お待ちしております。
0299-56-6480

茨城県 小美玉市・かすみがうら市・鉾田市・つくば市・茨城町・行方市の矯正歯科 裏側矯正 マウスピース矯正(インビザライン) 小児矯正 小児歯科(こども歯科) 予防歯科 ホワイトニングなら笑顔に溢れた歯医者さん、石岡矯正歯科・小児歯科へお越しください。

スタッフ一同、笑顔でお待ちしております!!

 

 

投稿者: 石岡矯正歯科・小児歯科

お問い合わせContact

歯や歯並びに関するお悩みは、石岡矯正歯科・小児歯科までお気軽にご相談ください。

  • 0299-56-6480bottom_tel_sp.png
  • WEB予約はこちらWEB予約はこちら