医院ブログclinic

2022.09.06更新

みなさまこんにちは!!
茨城県、小美玉、かすみがうら、土浦、鉾田、笠間、水戸からも通いやすい歯科医院(小児歯科、矯正歯科)石岡矯正歯科・小児歯科の榊ですflower2


本日は『歯ぎしり』、『食いしばり』についてお話しいたします!


朝起きたときに顎が疲れていたり、だるさなどの症状がでることはありませんか?
歯ぎしりや食いしばりが原因で、お口や身体の健康に影響を及ぼしていることもあります!abon

歯ぎしりの原因ははっきりとはわかっておりませんが、多くは「ストレス」と「噛み合わせ」と言われております。
また、歯並び・噛み合わせの問題や、合っていない被せ物・詰め物により噛み合わせが安定していない方も、起こりやすいと言われます。

歯ぎしりというと、睡眠中に歯が強く擦れ合って「ギリギリ」と音が出る状態のことを思い浮かべると思います。

l


睡眠中の歯ぎしりは無意識に行うため力強く、歯や顎へのダメージも大きなものです。


このギリギリと歯を擦り合わせる状態を『グラインディング』と呼び、一般的に歯ぎしりと呼ばれているのは主にこのタイプです。
原因は人によって違いますが、最も有力な原因が「ストレス」によるもので、強いストレスによって無意識に顎に力が入ったり、歯ぎしりすることでストレスを発散しようとしたりします汗

 

他にも、何かに集中するあまり歯を食いしばっていたり、歯並びの悪さなどで噛み合わせが安定せず歯ぎしりをしてしまってると考えられます。

歯ぎしりや食いしばりを放っておくと、顎関節症、歯周病の悪化、歯の摩擦・割れ、知覚過敏が起きやすい、肩こり、頭痛、歯並びなど様々な症状を引き起こしてしまう恐れがあります。
歯ぎしりや食いしばりの予防には、日中であれば症状が出ていないか意識してみたり、頬のあたりをマッサージしてこわばりを取るといったことも大切です。

また、症状が重い場合もありますので、自己判断せずに歯の治療を兼ねて歯科医院へご来院いただくことをお勧めいたします!

当院では実際に患者様のお口の中を拝見し、お掃除をした上で型どりをして、就寝時に装着して歯ぎしりの負荷を和らげるマウスピースを作製します!


しかし、マウスピースはあくまでも歯を衝撃から守るものであり、根本的な原因である歯ぎしりや食いしばりをなくすことはできません!uun
なので、マウスピースを使いつつ歯ぎしりや食いしばりをしないよう意識したり、マッサージをするようにしましょう!

k

マウスピースを作成する場合は、1度来院していただきお口の中を診させていただいてからとなりますので、是非ご相談くださいnote2

小美玉、かすみがうら、土浦、鉾田、笠間、水戸からも通いやすい歯科医院。
茨城県の矯正歯科、歯並び、小児歯科、インビザライン、裏側矯正、目立たない矯正のことなら石岡矯正歯科・小児歯科へ。
皆さまのご来院を、スタッフ一同心よりお待ちしておりますglitter
石岡矯正歯科・小児歯科 榊

投稿者: 石岡矯正歯科・小児歯科


SEARCH



CATEGORY

お問い合わせContact

歯や歯並びに関するお悩みは、石岡矯正歯科・小児歯科までお気軽にご相談ください。

  • 0299-56-6480bottom_tel_sp.png
  • WEB予約はこちらWEB予約はこちら